ブログ

PS Auto Sitemapでサイトマップを作ろう 設定方法と使い方

サイトマップがあるとないとでは、見やすさが違ってきます。

記事数が増えてくると過去の記事が埋もれてしまい、せっかくブログを見にきてもらえても、ブログ内を巡回してもらうことが出来ず機会損失になってしまいます。

今回は「PS Auto Sitemap」というWordPressのプラグインを使ってサイトマップを自動生成する方法を紹介します。

 

 

まずはバックアップを取ろう

WordPressのバックアップを取っておいた方が安心です。

 

「あんたの言う通りにやったらおいらのブログが表示されなくなったじゃねーか!」

 

と言われても責任は取れませんのであしからず・・・。

 

 

プラグインから「PS Auto Sitemap」をインストール

プラグイン → 新規追加 で検索窓から「PS Auto Sitemap」を検索します。

 

 

表示されたらインストールを押し、インストール完了後「有効化」のボタンを押します。

 

 

固定ページを作成しよう

まずはプラグインの設定の前にサイトマップを表示させるための固定ページを作成しちゃいましょう!

 

 

タイトルは単純に「サイトマップ」がわかりやすいと思いますがお好みで。

 

パーマリンクを

site-map

にしてください。

 

そして、本文にテキストモードで

 

<!— SITEMAP CONTENT REPLACE POINT —>

 

と同じようなコードが「PS Auto Sitemap」設定下部に用意されているので、それをコピーしてください。

※上記のコードをコピー、ペーストしてもうまく表示されません。

 

どうもWordPressではうまく上記コードが上手く表示されません。

「PS Auto Sitemap」を紹介している他サイトでも同じような現象が起きていますので、必ず設定画面のコードをコピーして使ってください。

 

 

ペースト出来たら画面右上の「公開」ボタンを押して公開しましょう。

 

公開後、ブラウザに表示されるURLの赤枠の部分をメモしておきましょう。

 

 

/post.php?post=【ID】&action=edit

このIDの部分がわからないと「PS Auto Sitemap」が利用できませんのでご注意ください。

 

 

筆者も実際にミスったことなのですが、コードの貼り付けは必ずテキストモードで行ってください。

ビジュアルモードで貼り付けしても表示されません。

 

 

プラグイン設定

いよいよ「PS Auto Sitemap」の設定をしていきますが、簡単なのでご安心を♪

 

 

左側の設定から「PS Auto Sitemap」を選択すると上記のような画面になりますので

 

難しいことは考えずに同じように設定すればOK!

 

詳しい内容は他サイトに任せるよ!

でもサイトマップ表示できればいいよって人はこれで大丈夫です!

 

スタイルの変更部分だけ色んなスタイルがあるのでお好みで。

 

設定が完了したら「変更を保存」を押して終了だ!

 

ちゃんと表示されるか確認してみてね。

キャッシュの使用の部分は他のプラグインと干渉することがあるようなのでうまく表示されない場合はチェックを外そう!

 

 

ソーシャルワーカーコミニティ「Posto Felice」

ソーシャルワーカーコミュニティ

「Posto Felice」を運営しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

Posto Felice